キーブックのこと。

  大型書店立ち上げ時に選書をしたとき学んだことのひとつに、「キーブック」というものがあります。

その名の通り、店における「キー」となる、なくてはならない、その店を表すような本のことです。こりおり舎でも、キーブックとして意識している本が数タイトルあります。


こりおり舎では、「本や本屋の本」「カフェやコーヒーの本」「移住や地方暮らしの本」などに力を入れています。
 その中でもこれはいつでも置いておきたい、という本があり、それがキーブックです。わたしたちが移住を決めた時や、こりおり舎を始める時の指針となった本たちでもあります。
 

いつも置いているので、比較的よく売れる本でもありますが、売れる本=キーブックではなく、売れないけれど店の棚にあることで棚を表現しれくれたり、店の色を作ってくれたりする本、という認識をしています。

 こりおり舎はこんなお店、ということが伝わっていて来てくださるお客さまの中が少しずつ増えてきて、キーブックをはじめとしたこりおり舎がおすすめする本を手にとってくださる方がいらして、とてもうれしいことだなぁと思っています。
 そんなに意識はしていなかった本だけど、やたら回転する(仕入れるたびに売れる)本もあって、常に置いておく本、に格上げされた本もあります。

IMG_7703-3

 先日、キーブックのひとつ『ゆっくり、いそげ』の著者、クルミドコーヒーの影山知明さんがお立ち寄りくださいました。お店に対する考え方や、カフェだけでなく出版も手がけていることなど、わたしたちの目標に近いものがあるので、少しお話するだけでとても刺激となりました。
 そのときのことはこちら。 

IMG_7705
 雑貨の取り扱いや宿泊の準備など、新しい取り組みをしている部分もあります。それはそれで大切にしつつ、まずはこりおり舎がどんな店で、どんな本や珈琲をお届けしていきたいのか、それをもっともっとお伝えするべく、今ある店の運営をしっかりとしていきたいな、と考えています。
 

 本であればキーブックをしっかりと配置するように、土を耕し足元を固めるようなことを、店においても今一度しっかりしていきたいと、今年もあとわずかとなった今、気持ちを引き締めてます。


 

 
本専用のオンラインショップもオープンしました
本屋の情報はコチラ
https://twitter.com/coriolisbooks 

しまなみ大島の自家焙煎珈琲と本

スポンサードリンク