IMG_2115
早いもので、店をオープンしてひと月が経った。
ひと月といっても、その半分は休業していたので、週4営業の店舗であるから、まだ10日も営業していないことになる。
4月5日のオープン前から、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、お披露目会やプレオープンを中止した。オープンしてからも、テイクアウト営業のみという、本来想定していた形ではないオープン となった。

もともとの始まりは、自分たちが好きで大切にしている本やコーヒーを島でも楽しんでもらいたい、と言うことで始まった移住&店作りが、地域おこし協力隊としての活動や地域での暮らしを経て、本やコーヒーを媒介に人が集まる場所を作りたい、と思うようになってできた店。
人が集まり、交流し、あたらしいものが生まれるような。
ゆったりと過ごし、のんびりし、ゆたかな時間を味わうような。
そんな店を作りたいと思ったし、そういう思いで作ってきたし、実際、とてもいい形になったと思う。
それだけに、そういった集まり、交流、滞在をお断りしなければならない状況が、本当に心苦しい。

何より、オープンして数日の営業ではあったが、来てくださった方々が、そういった使い方を(三密対策などでそうしにくい環境を作っていたにも関わらず)自然発生的にしてくださっているのを見て、自分たちの作ろうとしてきた場は、作ってきた店は、間違っていなかった、と感じた。
今、それは推奨されることではないのはもちろん、避けなければならない、という方が正しい。
だからこそ、騒動が落ち着いたとき、この店が島に必用な場の提供ができるのならば、今は耐えねばならないのだと思う。
店が、あり続けるために。
出来立ての店で、存続も何も、と言われるかもしれないが、今できる取り組みをしなければ、明日はない、という状況は私たちも同じ。
今できること、いまだからできることを、ひとつひとつ、やっていこう。

連休明け、5月11日から、テイクアウト営業を再開予定です。
オープンしている状況や、私たちの思いについては、NHK松山のひめポン!のダイジェストで見ることができます!
 
スポンサードリンク