先月も東京へ行ってきました。
愛媛県の移住フェアでしまなみへ移住した人としてお話をしに。
しまなみ人気が高くてびっくり。

後泊したので、イベント後にも本屋を周り、翌日は東京住まいの大学の先輩や神奈川住まいの同期と一緒に本屋を巡ってきました。
長くなるので、まずはひとりで周ったところ。

森岡書店 銀座店
イベント会場の有楽町からぶらぶら歩いて、ずっと行ってみたかったこちらへ。
1冊の本だけを扱う、小さな、書店。
ギャラリーと見紛うばかりのお店に、一瞬たじろぐ。本のギャラリーと言っても過言ではない。
IMG_9481

この時の1冊は、金沢のガラス工房の方の本でした。
見本をめくると、ガラス作品の写真があり、文章があり、学校の通知表があり、袋とじのページがあり…不思議な本。中身も、本の作りも、見たことのない本でした。
聞けば、工房の20周年ということで、成人式のような意味合いを込め、子供の成長を見守るように、20歳を迎えた工房のこれまでとこれからの本なのだという。
袋とじになっているところは、本を買うと付いてくるガラスのペーパーカッターで切り開いていく。
ガラスを何か付けたい、という意向で考えられたのだという。
めちゃくちゃそそる。
70503200_951945678491179_7542006496406536192_n
69766398_374530846548558_736719678767890432_n
69596969_2116275002011862_4540023015919845376_n


店内には、吹きガラスで作られたコップも。グラスというか、コップと呼びたい佇まい。
こっくりとしたガラスはやさしい色を持ち、同じ型でありながら、ほんの少しずつ異なるコップ。
冷たいガラスでありながら、あたたかなまろやかさをたたえていました。


かもめブックス
何度か行ったことがあるけれど、久しぶりに。先日のブックマーケットで柳下さんとお話しできたこともあり、また行きたかった本屋のひとつ。店内には結構たくさんお客さんがいて、にぎわっていました。ここも平日と週末で客層変わりそうだなぁ。
小倉ヒラクさんの『日本発酵紀行』の写真展もしているということで、行ってきました。
IMG_9483

やっぱり売り場や棚の作りはとてもよくて、大きくはない店内にカフェやギャラリーがぎゅっと詰まっている感じも、とてもいい。
奥にマンガコーナーができていて驚く。
本や雑貨のセレクトもいいなぁ。

イベントで本をお譲りいただいたこともあり、訪れた店では1冊ずつしか本を買っていないのにすでに手持ちが重くなり、ここでホテルへ。
久しぶりに出張で普通のホテル(パックで安くとったけれどまぁまぁちゃんとしたとこ)に泊り、最近ゲストハウス続きだったので快適さに溺れる。

次の日は古本屋巡り!古本屋で朝早くから空いているところはまずないので、遅めスタート。
時間があるようで、飛行機のリミットを考えるとそうのんびりもできぬ。
それは次のブログで。
スポンサードリンク