BOOK Market 2019に行くため東京に行ったとき、夜行バス往復だったので、1日目だけ行くことにし、前泊しました。
前日は平日だったので、久しぶりにのんびり東京の本屋めぐり。
せっかくなので、ずっと行きたかったちょっとアクセスの悪いお店、東京にいたころにはなかったお店、などを中心に回ってきました。

まずは久しぶりに平日上京だったので、神保町へ。
早い時間から開いている、神保町ブックセンターへ。
IMG_9122
岩波の揃いっぷりは圧巻。今治じゃ岩波文庫見かけないもんな…
IMG_9123
落ち着いた雰囲気。
IMG_9128
文庫本ブレンドと四六判ブレンドという名のブレンド。文庫本型、メニュー。



そのまま途中古本屋を覗いて買ったりしながら、神保町ブックハウスカフェ&北沢書店へ。
読み聞かせでも使えるかなと布絵本を見て、2階洋書売り場へ。
IMG_9124
IMG_9125
もはやセットのよう…
嶋田洋書へ買い付けに行ったことを思い出して切なくなりました。※函館で働いているうちにしまってしまった洋書問屋。

東京堂書店を覗いて、心理学や哲学の本を見たり。人文系の本は地方には少ない。需要側ないわけじゃないと思うんだけど。地方とか街づくりの本は、東京で見ると夢見がちというか机上の空論間のある本が並んでいる気がする。


暑くてへばってきて、移動で休もうと、つつじが丘にある手紙舎へ。
栃木にいたころ私がアルバイトをしていたマクロビレストランも夫が働いていたカフェも出店していた、東京蚤の市もみじ市を主宰しているカフェです。
ずっと行きたかったけれどなかなかアクセスの悪い場所にあるので、ようやく。
IMG_9133

住宅街の中にあるので、平日ランチを優雅に楽しむ子育てママさんたちでにぎやか。ハヤシライスは美味しかったけれど、居心地が悪く、近くにある本とコーヒーtegamishaへ。
IMG_9135

コチラはめちゃくちゃ居心地がよかった。
近いとはいえここまで歩くだけで汗だくになる暑さだったので、涼みながら長居。
雑貨も本もカフェもとにかく好み。お店の雰囲気も目指すところに近いものを感じました。

もうちょっと回ろうかと思っていたけれど、暑いわ雨はちらつくわで早朝から動き回っていて疲れたのもあり、本屋めぐりはここまで。

泊まったのは、心斎橋に続き、2つ目となるBOOK AND BED ASAKUSAへ。
雷門近くなこともあり、海外からの旅行者多し。スタッフの対応や設備は申し分ないけれど、エレベーターがほかのフロアの居酒屋の客で混むのと共有スペースの狭さが心斎橋より気になった。
早めにチェックイン、翌日の会場が近かったので遅めにチェックアウトしたので、ゆっくり本を読んで泊まれる本屋を満喫。

結局BOOK Market前にたくさん本を買ってしまったけれど、本尽くし、行きたかったお店にもいくことができ、よいインプットができました。
スポンサードリンク