本と珈琲~こりおり舎@しまなみ大島~

しまなみ海道の端っこ、今治市の大島(愛媛件今治市)に移住して自家焙煎珈琲と本の店を開店。 島ぐらしのあれこれや珈琲のこと、本のこと、店のあれこれなど、ゆるゆると気ままに綴ります。

April 2021

 しずかな連休ですね。 愛媛県内での感染拡大収束の見込みがないこと、今治市内での感染確認が増えていることを受け、こりおり舎でも営業スタイルを検討しています。 5月も通常通り、祝日に関係なく土日月火の週4営業を予定しています。 感染拡大状況などによっては、一 ...

 東京にいたときに通ったり参考にしたりした書店さんが、あるところは店をしめ、あるところは店を開き、しています。それぞれどちらにせよ苦しい決断をされていることと思います。 本屋は感染リスクがあるのか、という論争があちこちで起きているのも目にします。 連休に ...

 今回は本の通信販売のご紹介です こりおり舎では店頭販売のほかに通信販売も行っています。コーヒー豆は店舗開業前から販売していたのですが、店舗OPENと同時に本の販売も開始しました。商品一覧はコチラ⇨ こりおり文庫 コーヒー豆の販売に紛れてしまっていますが、お ...

 参加しているオンラインサロンで本の紹介をする企画があり、久しぶりに本屋としてではなく個人的に話したい本の話として、枡野浩一さんの『ハッピーロンリーウォーリーソング』のご紹介をしました。ハッピーロンリーウォーリーソング (角川文庫)枡野 浩一角川書店2001-07T ...

 本屋の本の並べ方のこと、引き続き書いていきます!前々回は基礎〜こりおりの場合のこと、前回は函館蔦屋書店の場合とこりおり舎の場合を書きました。今回はオープンしてからのことを書いていきます。 「本屋の棚は生き物だ!」と言われたと前回の最後に書きました。   ...

 本屋の本の並べ方のこと、引き続き書いていきます!前回は基礎〜こりおりの場合のことを書きました。今回は、お店を作る時にどうやって棚作り(売り場作り)をしたのか?ということについて、古巣の大型店の場合と比較しながら書いていきます。 そもそも、店作りをすると ...

 オープンして丸1年になる日曜日ですが、島は花散らしの雨。 雨が降り出す前の朝の時間、「道役」という集落清掃があったので参加してきました! 移住して島暮らしを始めるまで、自治会や回覧板や集落、なんてことばに無縁の暮らしを送っていました(都会暮らしでない時も ...

↑このページのトップヘ